売れる名刺の作り方の教科書

本ブログではビジネスの必須アイテムとも言える「名刺」を「売れる名刺」に反映していく具体的な方法をご紹介しています。「自社の強みや売りをどのように掲載すればいいのか」「どんなレイアウトがよいのか」「肩書きやキプロフィール等どのように作ればいいのか」など、今後の売上拡大や新規顧客の開拓をお考えの方、今後名刺を作り変える予定のある方にお役に立てる情報を提供しています。

異業種交流会で名刺交換をする前に知っておきたいポイント

最近、異業種交流会や名刺交換会などに行っても、なかなかビジネスにつながらないと悩んでいませんか?今回は異業種交流会などで名刺交換をする前に知っておきたいポイントをご紹介します。

f:id:meishiconsaru:20181024212652j:plain

 

まず、名刺交換は、ただ単に「名刺を交換する場」ではなく、「価値と価値の交換をする場」といった意識を持っておきましょう。


発想やアイデア、ジョイントビジネスとういうのは、「既に知っていること(既知)」に、「新たな知」が融合して起こるものです。あなたの既知と相手の既知(あなたにとっての新たな知)の摩擦により、「新たな知」が生まれるといった観点です。これが本来の名刺交換(対話)する意味であり、意義になりますので、意識しておきましょう。

 

自分の価値を高める名刺交換力(対話力)を身に付ける方法

よく、一般に、

・年商(売上)はいくらですか?
・昨年比はどれくらいですか?
・儲かりますか?

など、短期的なことや、表面的なことに目(会話)が行きがちですが、
これは、場当たり的な発想や今の流行りに振り回されやすい、事例追従の傾向にある方の思考回路ですので、気をつけましょう。

 

一方で、名刺交換力(成長)がある人は・・

 

・そのように捉えるには、日頃、どのような観点を持つべきですか?
・普段、どういう本を読んでいますか?
・普段、どういう人と付きあっていますか?

といった、その人の思考回路や習慣力など、本質的な要素を質問(対話)し、自分に置き換えて「行動」を変えれないか?を考えた質問をする人です。

 

あなたはどちらのタイプですか?

 

ぜひ、異業種交流会や名刺交換会などに行っても、なかなかビジネスにつながらないと悩んでいる方は、名刺交換をする意味や意義を再度確認しておきましょう。